MENU

睡眠導入薬・ルネスタ

ルネスタ 副作用 パッケージ

ルネスタはマイスリーなどと同じ『超短時間型』に分類される睡眠薬です。副作用は比較的少ないとされ、一般的に処方されている睡眠薬として知られています。

 

超短時間型という名の通り効き目が早く出て、早く抜けるタイプの睡眠薬で、ルネスタを服用してから1時間〜1時間半で血中濃度がピークに達し、5時間ほどで濃度が半分になります。

 

そのため、寝つきの悪さで悩む『入眠障害』と呼ばれるタイプの不眠に効果的です。ルネスタは同様の睡眠薬『アモバン』の改良品で、アモバンよりも苦みを抑えた設計です。

ルネスタの効果や特徴

ルネスタ 効果 副作用

ルネスタはアモバンと比較すると、効果が緩やかに出るという違いがあります。また半減期時間が1時間ほど長いため、

 

・寝つきが悪い

 

・寝てもすぐに目が覚める

 

 

という不眠の症状に効果的です。眠りの浅さの悩みにもマッチした睡眠薬と言えるでしょう。

 

ルネスタには1g、2g、3gと成分量によって3種類のタイプがあります。しかし睡眠薬としての強さはあまり強い方ではありません。安全性は比較的高い部類です。

 

ルネスタの効果時間比較

なまえ

血中濃度のピーク時間

半減期

マイスリー

約0.8時間

約2時間

アモバン

約1時間

約4時間

ルネスタ

約1〜1.5時間

約5時間

ロヒプノール

約1.3時間

約7時間

デパス

約3時間

約6時間

 

睡眠薬は患者さんの悩みや症状に合わせて医師が処方します。ルネスタと同じ超短時間型と呼ばれる睡眠薬でも、作用する時間が微妙に異なります。そのため、医師には自分の症状を正確に伝えることが大切です。

 

ルネスタの副作用

ルネスタ 副作用 依存 健忘

苦味

 

アモバンに比べると少ないですが、若干苦みを感じることがあります。飲むときだけでなく、服用翌日の日中まで続く場合があります。

 

睡眠薬中にある苦み成分が体に吸収されたあと、再び唾液から分泌されるために起こります。これはアモバン・ルネスタ独特の副作用です。

前向性健忘

 

超短時間型など作用時間が短い睡眠薬に多いとされる副作用です。健忘は『物忘れ』とは違い、『服用後のことを覚えていない』という状態です。

 

そのため周囲から見ると普通に過ごしたり会話したりできるのですが、本人はその時のことを記憶できていない場合があります。この症状はアルコールとの併用で起こりやすくなります。お酒との併用は他にも副作用を招きやすく、デメリットが多いです。

依存性

 

ルネスタは非ベンゾジアゼピン系睡眠薬で、その他の睡眠薬よりは依存性は少ないとされています。しかし

 

・長期服用

 

・用法用量を守らない乱用

 

・お酒との併用

 

 

によって薬に耐性が付き、通常の量で効果を感じられなくなります。するとルネスタ無しでは眠れなくなってしまう『依存状態』に陥ります。ルネスタは飲み続けて不眠を治すものではなく、あくまで一時的な不眠を解消するものです。

 

ルネスタ 副作用 看護師

ルネスタにはこの他にも傾眠、口の渇き、味覚異常、消化不良、倦怠感、頭痛、めまいなどの副作用が報告されています。ただいずれも頻度は低く、正しく服用すれば過度の心配は必要ありません。

 

とはいえ効かないからと言って勝手に量を増やしたり、必要以上に濃度の高いものを飲むと依存性を形成しやすくなります。正しく服用しましょう。

ルネスタの副作用で太るって噂は本当?

ルネスタ 副作用 太る

ルネスタを含め、睡眠薬には正しい飲み方をしないといくつかの副作用が確認されています。しかし睡眠薬自体に太る成分は入っていません。そのためルネスタを飲むと太ってしまうという直接の原因にはなりません。

 

ただ不眠の症状を抱える人の中には、満腹感を得られれば眠れるのではないかという考えから食べ過ぎになる人がいます。このほかストレスも過食の原因になります。

 

また睡眠薬によって気持ちが落ち着き、以前より食べられるようになることもあります。気持ちが前向きになると、食事が美味しく感じられるものです。このような現象が複合的に起こることから、『ルネスタ=太る』という噂が流れたのではないでしょうか。

 

副作用のない睡眠サプリ

ルネスタ 副作用 効果 睡眠サプリ

ルネスタは寝つきの悪さへの効果は高い睡眠薬ですが、半減期が短く長続きしないため中途覚醒型の不眠症の人には向きません。また薬である以上、確率は低いですが副作用の可能性はついて回ります。

 

ルネスタなどの睡眠薬に代わるものとして、休息の質を向上するたサプリやドリンクが注目されています。強力な入眠作用はないものの、天然成分で自然な眠りを促してくれます。なにより安全性が高く、

 

・副作用が無い

 

・依存性ができにくい

 

 

という安全性に関するメリットもあります。薬で無理やり眠りたくない、という人は試してみてはいかがでしょうか。特に人気の高いものをこちらでご紹介します。

 

 

ルネスタ 副作用 効果 北の大地の夢しずく

北の大地の夢しずくの特徴

アスパラガスから抽出した高品質の休息成分誘発物質エキスを配合

身体に直接休息成分を届けるという新しい発想で、様々な悩みを持つ人にも実感しやすい新設計サプリ

評価 評価5
備考 休息に必要な成分を『直接届ける』ドリンクサプリ
北の大地の夢しずくの総評

植物由来の休息成分をはじめギャバ、L-テアニン、クワンソウエキスなど安全性の高い原料を使用

ルネスタの副作用が心配な人は試す価値あり。お試しコースなら回数縛りなくストップ自由で割引を受けられます

 

ルネスタ 副作用 効果 潤睡ハーブ

潤睡ハーブの特徴

6種の厳選植物成分で独自ブレンドした潤睡ハーブ。 口コミで瞬く間に広がった話題の商品。

毎日スッキリ出来ない方が多く愛飲しておりますし圧倒的に価格も安いので経済的!

評価 評価4
備考 初回66%OFF送料無料でたっぷり1ヵ月分
潤睡ハーブの総評

不眠の方・朝起きれない方・疲れが残っている方、ハルシオンの副作用などが怖い方にもオススメの商品です。安心の10日間返金保証もしっかりと付いています

 

ルネスタ 副作用 効果 爽眠α

爽眠αの特徴

機能性表示成分「L-テアニン」配合の不眠症解消サプリ

体に負担をかけず、おだやかに睡眠をサポートしてくれる初回74%OFFで試せるので試してみる価値あり!

評価 評価3
備考 朝まで熟睡が続き、爽快な寝起きへ
爽眠αの総評

爽眠αは機能性表示食品として消費者庁に受理されているサプリです。国内の工場で生産されているので高品質・安全・安心の3拍子の睡眠サプリ

定期コースの回数縛りも一切ないのでまず試せるのが良い

ルネスタの依存性

ルネスタ 副作用 依存性

ルネスタは睡眠薬の中でも比較的副作用が少ないと言われています。しかし間違った使い方や長期服用、体質によっては耐性や依存症が起こる可能性があります。

 

耐性とは?

 

薬に対して身体が慣れてしまう状態です。例えば始めは1錠でもぐっすり眠れていたのに、徐々に1錠では眠れなくなる症状です。そのため不眠に我慢できず、服用量が多くなっていきます。

 

耐性は依存の入り口となります。最終的に薬無しでは眠ることができずに、ルネスタ無しでいられなくなってしまいます。これが『依存状態』です。

 

このような症状が出てしまう前に、最寄のかかりつけ医・薬剤師に相談して漫然と睡眠薬を服用し続けないことが大切です。万が一上記のような症状が起こり始めましたら、速やかに担当医と相談をし、お薬の調整が必要になるでしょう。

離脱期間に起こる症状

ルネスタ 副作用 離脱症状

離脱症状は、長期服用していた薬を止めたり依存状態になっている薬を止めた場合に起こります。依存には

 

・肉体的な依存

 

・精神的な依存

 

 

が考えられます。依存を起こしてしまうと、薬を飲めないことで様々な弊害が起こります。

 

反跳性不眠

ルネスタに限らず、睡眠薬に見られる代表的な症状です。睡眠薬の服用を止めることによって、以前にもまして不眠症が強くなってしまう状態です。一般にルネスタのような作用時間の短い薬剤ほど出現しやすいと言われています。

 

不安感の増大

ルネスタには睡眠の改善を助けてくれるお薬ではありますが、若干ですが不安感を抑える作用も期待できます。そのため服用を止めると精神的に不安定になる場合があります。またルネスタ無しでは眠れないという精神的な依存も形成されることがあります。

 

日中のイライラ

こちらも不安感の増大から派生した離脱症状です。不安感から精神的に余裕がなくなり、追い詰められたような精神状態になります。また服用を止めることによる不眠が続くと、イライラが増大してしまいます。

 

肉体的なものでは、吐き気や耳鳴り、胃痛、けいれん、意識混濁、妄想などが報告されています。そのため自己判断での急な断薬・減薬は避けるべきです。必ず担当医と相談し、一時的に少量のルネスタ錠を処方してもらうか、対処療法を話し合いましょう。

離脱症状はいつまで続く?

ルネスタ 副作用 離脱症状 期間

ルネスタのような非ベンゾジアゼピン系睡眠薬は急性の離脱症状が起こる場合があるため、依存を形成していた場合は突然止めると症状が強くなります。そのため徐々に時間をかけ、薬なしでも眠れるよう体を慣らしていく必要があります。

 

この期間は体質・服用期間・飲んでいた薬の強さ・精神状態など人によって変わります。そのため一概に〇ヶ月で治りますとか、×年かかりますということが言えません。最終的には本人の意思次第という人もいます。

 

大切なのは自分の睡眠薬依存を自覚することです。長期服用は依存を招きやすく、抜け出すには大きな苦痛を伴います。睡眠薬の服用は一時的なものにとどめるのが安全でしょう。

ルネスタの副作用体験談

ルネスタは睡眠薬の中ではポピュラーで安全性が高いとされ、処方されることも多い睡眠薬です。そのため服用者も多く、確率は低いですが副作用と思われる症状を感じた人もいます。そのような体験談を集めてみました。

 

ケース1:脱力感

 

元々寝つきが悪く不眠だったのでドリエルを使用していましたが、自分には合わなかったためルネスタを処方して貰いました。服用してすぐに入眠出来ました。途中で起きることもなかったです。朝までぐっすり眠ることができました。

 

しかし、おそらく副作用というか効きすぎだったのかもしれませんが、翌日に脱力感がありめまいも伴いました。足元がフワフワして変な感じでした。仕事に集中できなくなってきたので、どうしても眠れない時以外はルネスタを飲まないようにしています。

38歳 男性

ケース2:苦味

 

主人の家に嫁いで最初の3年ほど、お姑さんとうまくいってませんでした。どうも目の敵にされている感じで…毎日が辛くて眠れなくて、お医者さんに相談したところ処方されたのがルネスタでした。夜10時ころに飲んで、日付が変わる前にはすっかり熟睡できるようになりました。しばらくルネスタ無しでは眠れず、助けられました。

 

眠気が残るようなことはなかったのですが、時々自分のつばが苦く感じることがありました。これはお医者さんにも言われていたのですが、成分が苦みを感じさせるそうです。眠れない苦しさに比べればなんてことはなかったです。我慢できないほどの苦みでもありませんでした。

41歳 女性

ケース3:耐性

 

他の睡眠薬では効果がいまいちで、ルネスタを処方してもらいました。口コミで副作用が少ないと聞いていましたが、夜ぐっすり眠れる分、気付くと毎日飲まずにはいられませんでした。

 

しばらく飲み続けると、飲んでも寝つきが悪くなってきました。そのせいか睡眠不足を感じることがあります。集中できなくて本を読むことも難しく、同じページを何度読んでも内容が理解しづらかったり、すぐ忘れたりします。

 

薬剤師に相談したら耐性が付いてきているかもしれないと言われたので、それから量を増やさないよう指導されました。

24歳 女性

薬に頼らず眠りにつくために

ルネスタ 副作用 効果 対策

ルネスタに限らず、医薬品にとって効果と副作用は背中合わせです。効果が高ければ比例して副作用も強くなる傾向があります。ルネスタは安全性が高い睡眠薬ですが、可能性が0%ではないことは理解しておきましょう。

 

服用期間が長いほど耐性が形成され、依存性が出やすくなります。離脱症状があるため急な断薬は難しく、止めるには時間がかかります。そうなる前に徐々に減らしていきましょう。

 

睡眠薬はあくまで一時的に眠りに就かせるためのもの。そのため薬に頼らず眠るには、

 

・リラックスできる成分を摂取する

 

・運動や入浴で眠りやすい環境を作る

 

・不眠の原因となる悩みや行動を減らす

 

 

などが有効です。ギャバやL-テアニンなどを含むサプリで休息成分を補うのも良いでしょう。

 

ルネスタ 副作用 効果 寝起き

睡眠薬に頼ず質の良い睡眠を摂れるよう、あなたに合った方法でできることから始めてみましょう!

 

▼休息成分補給ドリンク▼

北の大地の夢しずく 楽天 ボタン2